最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

寧々ちゃんと腹割って話す話

140911

ついったーでフォロワーのしいちゃんにうちの子イメソン挙げてもらったんですが、
その中で透ソングとして挙げていただいたRuppinaのViolet Flow聴いてたら妄想漲りまして…。
創作TLで語るにはTL荒らしもいいとこな長文になってしまったのでここに。
羽吹ツインズと級友で寮では透と同室設定にさせて頂いてる姉小路寧々ちゃんに対する、
透の咎落ちしかけ〜復学直後くらいの寧々ちゃんに対する態度とか心境とかその辺にまつわる透の心理状態とか。
つまりはただの透語り。

ほんと久々にひどい長文なので続きに格納!


 

透は13年度冬の陣の落ちかけ当時、昶の次に接触を避けてたのが寧々ちゃんなんじゃないかなってイメージが咎落ち騒動ネタ始めの頃からありました。
避けると言っても寮じゃ同室なんで生活で顔を合わせる時間を極力少なくするようなそんな感じで。
(起床や就寝のタイミングなんかの生活サイクルを絶妙にすれ違うようにしてまともに顔を合わせる時間を取らせない的な…)
で、全部落ち着いて寧々ちゃんと腹を割って話をしようとした時に、この時の態度について「何故」と問われたら切り返す答えの第一声が↑かなぁって。

落ちかけの透にとって怖かったのは 「自分が咎落ちしかかってる(=怨魔に負けかけてる)」っていう事実そのもの。
そんなのは羽吹透じゃない、そんな自分は許さない、あっちゃいけない。
透自身がそういう自分の存在を許せなくて、自分の力でこの壁に勝たなきゃいけないって思っていた。
その頑なさはギリギリまで独りで闘って、本当に落ちるのならその直前に死んでやるとまで思ってたほど。(参考)

透をそこまでさせてたのは、他人が知らない自分の一面をを見せることに対する恐れが根幹。
いつもと違った面を見せた時に相手の自分に対する認識が悪い方に変わるのが怖いっていうのかね。
例えば、友人との何気ない会話で「透って悩みとかなさそうだよね」とか言われると、以後その相手には何か悩んでるような素振りを見せられなくなる。
この人は自分の事こう思ってるんだ、じゃあそのイメージに反しないようにしよう。みたいなそんな意識が働く。

そうこうしてる内に周囲の大多数の共通認識だった「勝ち気で前向きな負けず嫌い」ってイメージが「羽吹透」だと思うようになり、そこから外れてしまったら自分じゃない、ってちょっと極端に考えてしまうようになった感じ。
キャラを作ってるとか、裏表がある訳ではないんだけど、他人に見せる「自分」を自ら制限してしまうというか。
そうなった経緯には元々の性格と幼少期の環境とか昶の事とか色々絡んでるんだけど、それはまたおいおい。

そんな透が寧々ちゃんの信条を普段の交流から見て取っていれば、
落ちかけてる自分を見せたくない気持ちは一入になるんじゃないかなーって。
相手の信条に真っ向から反発する性質をもった、自分自身ですら許せない自分の姿。
寧々ちゃんが、透の中で失いたくない、大切な友達になっていればそれだけ知られたくない気持ちが強くなるんじゃないかなと。
相手の事が大切になればなるほど、上手く甘えられない不器用な子。

復学が決まって、寮部屋戻って寧々ちゃんと話をしようってなる頃には
ここまでの気持ちを勇気出して話せるくらいには折り合いをつけられてるといいなーって。
「こう見えてあたしもビビりだったんだよ。なんせ昶と双子だからさー(笑)」なんて冗談も交えつつ。
でも寧々ちゃんの気持ちがわからない間は内心とてもドキドキしながら話してるので
たまに言葉に詰まっても見守ってくれたと嬉しいな…とか…。

話題が話題なんでとてもしんみりしてるけど、この話をする前の寮部屋戻って来る時、
透戻る→ねねちゃん留守
→荷物運び込んで整理片付け
→荷物整理終わってもねねちゃん戻らない
→とりあえず待ってみるけど長距離移動&片づけで疲れて寝オチ
……そんな感じでねねちゃんが部屋に戻ってきた際には熟睡してるっていう
安定のマイペースも妄想しておりますので是非叩き起こしてあげて。←
起こしたら寝ぼけ半分で「おかえりー」とか言っちゃいます。

ちなみに余談の透復学以降の双子の関係。
透は復学した後もしばらく長年の癖で時々この考え方が出てしまうけど、
その時は昶が復帰初日漫画(これ)みたいにかなり厳しめに叱る。
昶にとっては透の命が脅かされた要因の一つで、その原因は自分にもあると感じているのでとても敏感。
透がまた自分を追い込んでいたら叱って改めさせるし、素直な感情を見せてきた時はしっかり受け止める。
とまあそんな感じで、双子の関係性も前より良くなってます。
昶の努力のお陰もあって、透も騒動前よりも大分素直になっていくかと。
一時的に感情が鈍った反動で前より感受性が強くなってるんで、ちょっと涙もろい一面を見せたりとかさせたい。

うわぁ長い。妄想楽しいね!
お粗末様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>