最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

勉強の気晴らしにこんなんやってました。


双子の話をするので双子っぽい構図で双子絵描いてみる。
クールな絵ってどうやって描くんでせうか。
以前この双子には双子キャラ対象のキャラ質問を回答してもらった事があったんですが、
今回別質問で改めてやってもらいました。タイトル通り、勉強の気晴らしにちまちま進めてました。
配布元はSCHALK.様です。ありがとうございます。
黄色い字が珂月、青い字が白夜です。何か新事実発覚とかしてるんで分かりにくい所は灰色で若干補足あります。
続きに格納~。
追記 ==================================================
 すいません修正前のやつ貼ってました。
 途中双子の親戚の名前出てくるんですが間違ってました。×皐月 ○青葉 です。


双子キャラに50の質問
01 お二人のお名前は?
「珂月」
「白夜です」
02 お互いをどう呼び合っていますか?
「普通に名前だよね」
「ん(頷)」
03 性別をお願いします
「男」
「男だよ」
04 誕生日はいつですか?
「2月27日。確か僕が日付をまたぐギリギリに生まれたんだよね」
「そういや父さんがそんなこと言ってたな。あと3分位遅かったらお前らの誕生日違ったんだぞー、とか」
「そうそう(笑)」
05 目と髪はどんな色ですか?
「目の色は俺が金っつか黄色?で、白夜が青」
「髪の色はどっちも白銀に黒が混ざってるよ」
06 どんな声をしてますか?声優さんで近い声の人はいますか?
「声優さんは作者が詳しくないから省略で、声質は年の割に高めなイメージ、だって。珂月も似てると思うけど、珂月の方がちょっと低いというか、芯があるかな?全く同じではないよね」
「そうだな。俺達と電話で話したことがある奴は大体が口調抜きにしても聞き分けられるって言ってたし」
07 どんな趣味をお持ちですか?
「僕は音楽を聴いたり歌ったりするのが好きだよ」
「小さい頃から音楽が身近にあったからな。俺は図鑑とか写真とか眺めるのが好きだ」
「…歌は好き?」
「別に嫌いじゃないけど。……何でそんな事聞くんだ?(首傾)」
「えへへ、なんとなく」←ちょっと安心
08 特技はなんですか?
「僕は料理かな。家庭料理程度だけど」
「俺は手先が器用としか…」
「珂月は色彩とかのセンスがあるんじゃないかな。色だけじゃなくて、素材とかでも持ち味を活かすのが上手だと思う」
「そうか?」
「うん。珂月のラッピング、お客さんに好評だって憬も言ってた。そういうのも特技って言えると思うなぁ」
「…(ちょっと嬉しい)」
09 どんな異性が好みですか?
「一緒に居て安らげる子、かな」
「……言わねぇ」←何だか気恥ずかしいらしい
10 何か病気持ってますか?
「病気というより体質だけど…暑さにちょっと弱いなぁ。熱中症になりやすかったり、お風呂でのぼせやすかったり。珂月もだっけ?」
「無くもないけど、その体質はお前に比べると軽いな。ただ、俺は喘息がある。
  あとは病気って言って良いのかわかんねぇけど、訳あって抵抗力が弱い。ちょっとした事でもすぐ病気にかかるから、気をつけて生活してる」

「でも、小さな頃に比べたら随分よくなったよね」
「まぁな。だけどできれば何も気にしなくて済む程度まで丈夫になりたいもんだ」
11 憧れの人、尊敬する人はいますか?
「やっぱりお父さんとお母さんかなぁ」
「そうだな」
12 恋人・配偶者はいますか?
「……えっと…(照)」
「…白夜は見ての通り。俺はいない」
13 理系・文系・体育会系…どれですか?
「…?(メモ受け取り) …”珂月は理系寄り、白夜は文系寄りという家パロ設定”…だってさ」
「そういえば珂月は数学、僕は英語が得意っていう話だったね」
14 虫とか動物、触れますか?大丈夫ですか?
「うん」
「おう」
(ハモり)
15 異性の扱いは得意ですか?
「僕は得意と言えるほどのことはないかなぁ。珂月は?」
「…得意に見えるか?」
「ご、ごめん(汗)」
16 アウトドア派インドア派、どっちですか?
「割と出歩くのも好きだけど、アウトドア派という程俺も白夜もそこまで活発じゃねーよな」
「そうだね」
17 自分のチャームポイントをどうぞ
「なんだろう、考えた事なかったなぁ」
「…………思いつかねぇ…」
18 職業はなんですか?それともまだ学生さんですか?
「とりあえず、学校制度が無いな」
「僕も珂月も憬の雑貨屋さんのお手伝いしてるけど、職業というには微妙かもしれないね」
「そもそもどんな職業があるのかもはっきりしてない所あるみたいだしな。…何か曖昧な世界観だよな…」
「描く方も苦労してるみたい(苦笑)」
(ごめんよorz by作者)
19 将来の夢はありますか?あるのであれば、それはどんな夢ですか?
「そういえば、ちゃんと考えた事なかったかも…将来かぁ」
「できるだけ早く自立したいとは思ってるけどな。いつまでも憬に世話かけられねぇし」
「そうだね」
20 家族構成はどうなってますか?
「…何処までの家族構成だ?同居って意味なら里に居た頃なら両親と俺達だけど」
「関わりの深い親類も含めたらお母さんの実家が家に近かったから、同居はしてなかったけどお爺ちゃん達とも仲良かったよ。
 青葉(あおば/六花の従兄弟。憬ぐらいの年齢。男性)さんにもよく構ってもらってたなぁ」

「…次の質問行くか」←何かしんみりしてきた
「うん…」←同じく
(補足:青葉は現在消息未定の人。六花母さんの実家の設定と展開次第で生きてる事になるかもしれない。全力で未定)
21 好きな食べ物と嫌いな食べ物をどうぞ
「お母さんの作った蒸しパンが大好きだったなぁ。魚の卵はほとんど苦手…」
「俺も蒸しパン好きだ。嫌いなのはナス」
22 好きな色と嫌いな色をどうぞ
「好きなのは黄色とかオレンジとか、暖かい色。嫌いな色は特に無いよ」
「写真でしか見た事ねぇけど、水が綺麗な海の色が好きだ。緑がかった青って感じの。嫌いな色は俺も特に無い」
23 ボケとツッコミの担当は決まってますか?
「珂月がツッコミだよね」
「…今お前迷わず即答したな」←しかし否定もしない
「だって僕ツッコミできないし…」
「そこが問題なのか?」
24 コンビネーションはいいですか?
「多分良いんじゃないか?良し悪しの基準がよくわかんねーけど」
「お互いに何も言わなくても連携取れてる事がよくあるよね」
25 仲はいいですか?
「見ての通り」
「仲良しだよ」
26 どちらか一人しか生き残れないとなったら、どういう行動に出ますか?
「とりあえず自分の命を諦めるだろうな」
「僕はどっちに転んでも結局は命を絶つと思う。珂月を犠牲にしてまで生きていたいなんて思わないし」
「…それは俺だって」
「珂月がそうやって言うように、僕も一緒の気持ちなんだよ。多分、これ以上の結論は出ないと思う」
「…。…そうだな」
27 お互いに似てますか?似ている場合は見分けるポイントをお願いします
「顔の作りは全く同じだから、見分けるなら目の色が分かりやすいかな」
「そうだな。あと、俺の右目にある泣きぼくろでも見分けがつく」
28 双子でよかったことはありますか?
「そもそも”双子”って関係を改めて考えたりしてなかったからな…」
「そうだね。何かあっても”双子だったから”なんて考える事はなかったよ。
  だけど、記憶が無かった時に珂月に会った時はさすがに双子で良かったって思ったなぁ。
  僕らが双子だったからこうしてまた会えたし、記憶も取り戻せたんじゃないかなって気がしてる」

「それは諦めなかったお前の成果だと思うぞ?あんな状況に置かれて行動起こせたのはすごい」
「…うん、自分でも不思議(笑)」 ←珂月の呼ぶ声があったからだよ、なんて非科学的過ぎて言えない。
(補足:記憶の無い間も夢だとかで珂月の存在を感じるような不思議体験してるんじゃないかなぁと思うんだ!)
29 反対に、双子で嫌だったことはありますか?
「これはないな」
「うん」
30 自分から見た片割れの長所と短所をどうぞ
「珂月の長所は意志の強さと自然に周りへの気配りができる所で、短所は何かあるとすぐに自分を追い詰めるような手段をとろうとする所」
「白夜は人懐っこさとプラス思考が長所、何かにつけて俺と比べて卑屈になる所が短所だな」
31 自分で思う長所と短所をどうぞ
「自分で思う、か…聞き分けはある方だと思うから、多分そこが長所といえば、まぁ長所だろうな。
  短所は何かにつけて諦めが早いのと人見知り」

「うーん…人当たりはまぁまぁ良い方だから、長所かもしれないな、って思う。
  短所は気の弱いところとか、子供っぽいところとか」

32 どちらの方がもてますか?
「白夜じゃないのか?愛想良いし、憬の店でも評判だし」
「そ、そうかなぁ…(遠巻きに珂月の事見てるお客さんも居るんだけどな…)」
(要するに五分五分)
33 どちらの方が賢いですか?
「頭の回転っていう意味なら珂月かな。機転を利かせたり、先のことを考えながら行動するの上手だし」
「けど、知識が豊富って意味なら白夜だろ。栄養とか言語とか、色々勉強してるだろ?」
「…結局どっちなんだろうね?」
「俺に聞くなよ…」
34 どちらの方が運動神経がよいですか?
「あんま変わらねぇと思うぞ」
「運動神経自体は変わらないけど、僕がドジでよく躓いたりするから…それも踏まえたら珂月だと思うよ(苦笑)」
35 どちらの方がツイてますか?
「お互い今こうして命拾ってる時点で十分ラッキーだよな」
「うん」
36 どちらの方がタフですか?
「白夜だろ(即答)」
「えっ?」←予想外
「お前は考え方が前向きだからな。打たれ強いだろ」
「そ、そうかな…」
37 喧嘩して勝つのはどちらの方が多いですか?
「今も昔も喧嘩自体滅多にしないけど…言い合って最後に謝るのは俺が多かったな。俺の無駄な意地張りが原因になる事が多かったから」
「大抵僕が感情的になっちゃって、珂月が謝るパターンだったね。僕が喧嘩に勝つというより珂月が大人だったんじゃないかな」
「単にお前に言われて意地を張ってる事にやっと気付く事が多かっただけだ。だからその場で謝ってた」
「そうだったの?てっきりわざと折れてくれてたんだと思ってた…」
「わざと折れる位なら最初から喧嘩になんかならねーよ。…勝ち負けつかないな」
「喧嘩両成敗、かな?(笑)」
38 片割れのここが許せない!ってところはありますか?
「自分の身体の事を忘れて無理をする所。命に関わりかけた事もあるから本当にやめて欲しい…」
「さっきも言ったけど、俺と自分を比べるような事を言う所」
39 片割れと立場を入れ替えることができたら、どんなことがしたいですか?
「別に、何も」
「あんまり変わらないよね」
40 片割れに隠していることはありますか?どんなことを隠してますか?
「そんなに長い事隠し事を抱えられる性格じゃないよね、お互い(笑)」
「確かにな(苦笑)」
41 今だから言える片割れに謝りたいことをどうぞ
「…白夜が怪談話苦手だった事を透(とおる/幼馴染の女の子)にうっかりバラした。悪い…」(補足:現在は割りと平気)
「えと、昔家族でお花見に行った時のお弁当の卵焼きが焦げてたことがあったよね?
  あれ、お母さんが焦がしちゃったって言って誤魔化してたけど焦がしたのホントは僕なんだ。ごめんなさい…」

42 片割れがいないと生きていけませんか?
「これから引き離されるとしたら、って意味でいいのか?生きていけないまではないにしても、それなりに辛いと思う」
「……(珂月の袖口を力いっぱい掴んでる)」←想像したら怖くなった
「…。例え話だろ、実際に離れたりはしねぇから安心しろ(白夜の頭に手乗せ)」
(補足:記憶戻してからの白夜は忘却に対する漠然とした不安や恐怖が原因で時折珂月に対して分離不安のような様子を見せます。周囲との触れ合いを交えつつ、成長するにつれて少しずつなくなります)
43 作者さんへ:この双子、目に入れても痛くないですか?
同じ世界観の中に生きる双子以外のキャラも全部ひっくるめても全然痛くないよ!
44 作者さんへ:この双子、かきやすいですか?
割と描き易いです。たまに髪の毛の跳ね具合しくじりますけど。
45 作者さんへ:この双子、どっちの方がかきやすいですか?
表情的に珂月。だけど成長編では髪の長さ的に白夜のほうが描き易いです。
46 作者さんへ:この双子、こいつらだけで勝手に暴走したりしますか?
二人とものんびり屋さんな気性なので、暴走はしないねぇ。(笑)
47 作者さんへ:この双子、誕生秘話とかありますか?
白夜の設定を練りだした当初は白夜も両親と共に鬼籍の人でした。
性格設定などの時点で予想外に好評を受けたので事件のどさくさに紛れて離ればなれになったけど
実は白夜は生きていて、最終的には再会するという展開に変更したという。
今にしてみれば再会させることにして良かったなと思う。
48 作者さんへ:この双子、一家に一組いたらどうですか?
多分二人とも家事を手伝ってくれます。
白夜のおいしいご飯が食べられます。
珂月は良き話し相手(というか聞き手)になってくれます。
49 作者さんへ:この質問に答えさせてみてどうでした?新たな発見とかありました?
結構ありました。
珂月が年の割に落ち着いてるのは前からあった傾向ですが、
対する白夜が案外子供っぽいというか、珂月と並べると弟っぽさとか精神の危うさが強い事に驚きました。
そして双子揃って事件のトラウマが自分が頭の中で考えていたよりも深かった。
会話の節々に暗い物が見え隠れしている…。
50 最後まで読んでくださった読者さんに何か一言どうぞ
「ここまで付き合ってくれてありがとな」
「これからもよろしくお願いします」
なかなかに難儀な二人ですが、可愛がってやって下さい。
お疲れ様でした~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>