最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

昔話。


「これなぁに?」
「お守りだよ」
「おまもり?」
みたいな。憬10歳、双子3歳。憬が10歳以上に見えるのは画力の都合!orz
右側はいい加減ちゃんと考えた双子のお守り。黄色いのが珂月、青いのが白夜の。
憬がキャラとして確立して、親同士が友人で幼少に面識がある設定を練りだした頃から
このお守りネタは確定していたのに、かれこれ1年以上お守りデザインは放置だったっていうね!\(^o^)/
デザインダサいのは作者のセンスのせいです。
何か長くなりそうなので詳細は続きに格納~。


幼少憬が双子にミサンガ(とはちょっと違うか…)を作ってあげようと思ったのは、
一家揃って会いに来た双子と遊んでる最中に何となく聞こえた両親ズの会話(白虎乱獲事情の不穏な気配の話)で、
何かできないかと憬が子供なりに考えた結果です。
流石に木に名前を彫るのは悟父さんにやってもらいましたが、他は憬のお手製。
ちなみに白夜の50項目プロフで言ってるストラップってこれのこと。
珂月のオカリナにもちゃんと付いてます。
元々手首に付けてたけど、10歳ごろになって手首に付けるには少々長さがきつくなってきたので
当時父親に貰ったばかりだった小さいオカリナに括り付けて現在に至る。という感じ。
双子揃ってお守り代わりにそのオカリナを持ち歩いてました。
憬は子供ながら恥ずかしい事したなぁとか思ってる。
その上二人とも未だに持ってる事を知って物凄く驚く。
気恥ずかしさと嬉しさとで、双子が自分の事を覚えていない事にホッとしていいかどうか、と言った感じ。
白夜が記憶を取り戻した勢いで幼少時代の憬との交流の事まで思い出しても面白いなぁと思うのはここだけの話w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>